石やアクササリーの写真を中心としたブログ


by mandala-04
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ハルシオン

c0120789_13182742.jpg
Halcyon

ミャンマー本翡翠、水晶AAA、ホワイトカルセドニー

ミャンマー本翡翠をふたつ入れたブレスレットです。翡翠の美しさを際立たせるようにシンプルに仕上げています。
深いリラックスと高い癒し、体、心、魂の全ての調和と平和をもたらす石使いです。
自分の核、芯の部分(個)を確立し、あるがままのあなたで。愛と自由を・・・。

翡翠と書いて、「ひすい」とも「かわせみ」とも呼びますが、宝石の語源はカワセミの羽の色に由来します。カワセミは英語で“Halcyon”(ハルシオン)です。

ギリシア神話にハルシオンのお話があります。
「風神の娘ハルシオンは、宵の明星(金星)の息子ケエクスと結婚しました。2人は幸せでしたがある日、嫉妬心の強いことで有名なゼウスの嫁ヘラが嵐を起こします。その日に航海に出ていたケユクスの船が難破し、彼は帰らぬ人となってしまいました。彼を探しに来たハルシオンは悲しみのあまり海に身を投げました。海の神ゼウスは2人を哀れんで2羽のカワセミにかえて、新しい命を与えたのです。
(翡はメス、翠はオスといわれるゆえんでしょうか?)

ハルシオンの父である風の神アイオロスは、毎年冬至の頃に風を7日間吹くことをやめさせ、美しいカワセミとなった娘が海の浮き巣に卵を産めるようにしてあげました。
そのことから、冬至前後の天候の穏やかな日々のことを英語圏では、“halcyon days”と呼んでいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ジェイド(翡翠)
石自体が持っているエネルギーがとても高い石です。
聖なる石として、古代よりあがめられている翡翠は、全てにおいてパワフルです。
恋愛、財運、健康、幸運、繁栄、富、魔よけとオールマイティな石なのです。
願い事を叶えるといわれています。徳を高めたり、自分自身を向上させていく時や、神との交信に使われたりもしていたのだそうです。
おへそから頭頂までのチャクラの全てによい石です。

◆水晶:
聖地ヒマラヤで産出される高品質でクリアな水晶です。
全くインクルージョンがなく、透き通ってみずみずしいです。
パワーストーンの代名詞にもなっている水晶ですが、そのパワーはオールマイティに発揮するようです。全てを純化する最高の石です。浄化や永遠性を表す石です。
純粋、清浄、明確、あるがまま、Be Here Now、今ここ

◆ホワイトカルセドニー
ミルキーホワイトのカルセドニー(玉髄)です。
気持ちが高ぶると怒ってしまったり、イライラしたり、誰かにあたったり、意地悪してしまったりしてしまいがちですが、この石はその気持ちを安らかに穏やかにしていくことで、優しく他者と接することが出来ます。また、不安になったり、気を使いすぎたり、といった気持ちの部分に作用してくれる石で、深いリラックスをもたらしてくれることでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
使用素材
本翡翠 9mm 
水晶 AAA 10mm 8mm
ホワイトカルセドニー 8mm
[PR]
by mandala-04 | 2008-05-24 13:20 | ・ジェイド(翡翠)