石やアクササリーの写真を中心としたブログ


by mandala-04
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

c0120789_16154010.jpg
4mm以下のカットストーンを何連かに束ねると、より一層キラキラ輝きが増すから、よく使う方法。

普通にラウンドの玉もいいけれど、カットされていれば、まるで宝石のよう。

くすみがちなスモーキーもカットが入れば、この通り、シルバーにも負けない輝きを放つ。
ライトカラーなら、光が多く感じれて、キラキラ感が増し、
ダークカラーなら、闇に映えて、より光を放つ。

ブリオレットカット(雫型で細かくカットされているもの)は、宝石そのもの。
ぺリドットとアイオライトの、透明なライトグリーンとライトネイビーがいいねえ。
ぺリドットもかなり手が出にくいけれど、これぐらいの小さいものであれば、リーズナブルに楽しめるのが嬉しいねえ。
[PR]
by mandala-04 | 2008-07-27 16:21 | ブレスレット
c0120789_1615450.jpg
作品製作日は、7月26日で、マヤ暦をベースとしたカレンダーでは、年の始まり(元旦)。

クリスタルスカルは、マヤ遺跡のあたりで発見された。マヤ文明ではシャーマニックなツールとされていたりして、南米の古代文明とスカルは何かと関わりのあるものらしい。

マヤやアステカでは、死や死後の世界のシンボルであり、新しい世界への扉を開く象徴であり、人間を含む地球全体を癒すもの、宇宙の叡智が宿るものとされる。
ピラミッドや神殿の上に配置したりしていたのだそう。

彼らの世界観はとても宇宙的で、数学的で、天文学的である。
ちょっとインドのものとカブる部分がある。
太陽暦だけでなく、様々な惑星の周期によっても暦を使い分け、いろいろな星の配置や周期の間におこる一致を研究し、シンクロニシティは偶然ではもはやなく、自然の摂理であり、宇宙の法則だと普通にとらえることに成功した、そんな文明。

世界中には13個のクリスタルスカルが埋められているそうで、全てが揃ったとき、人類の起源、目的、運命に関する情報、生命と人類の謎への解答が明らかになるといわれているそうであるが、この13というのは、マヤ族にとっては、大変神聖な数字である。完成を表している。マヤの暦でもちょくちょく13の周期が出てくる。13日、13ヶ月、13年・・・というように。

ホピ族のルーツは古代マヤ文明にあるとか。だから、とても近しい何かがある。
オブシディアンはネイティブアメリカンにとっては、シャーマニックな石である。ホピのメディシンマンももちろん使っていたという。
このオブシディアンは珍しく、ライトカラーで、まるでスモーキークオーツのよう。

私は個人的にオブシディアンが好きだ。
真っ黒けな中に白い点があるもの(スノーフレーク)や、シラー(光)が浮いて虹のようなもの(レインボー)、その他いろいろあるけれど、なんだか芯から強くなれるような、そんな気がする。

このブレスレットには、ネイティブアメリカン(北米、南米合わせて)のエッセンスがつまっている。たまたま、偶然やけど。
[PR]
by mandala-04 | 2008-07-27 16:15 | ・オブシディアン
c0120789_13415837.jpg
これからデビューしますよー。可愛い素材のシェルは、夏はマストなアイテムですね。

ピンクブラウンシェルの小さなビーズの色がなんとも愛らしくて、マンダラ超お気に入り素材です。シルバーがすっごく合うんです。このシェルには、シヴァアイを合わそうと思って、ずっと思いをしたためていました。

◆シヴァアイ(貝)
シヴァ神のお目目ちゃんと言われる貝。
ヨギにはありがたいパワーをもつものです。
インドでは、繁栄と健康のお守りとされています。
インド北部のゴマティ川流域で採れるそう。
クリシュナ神殿の壁や床の装飾として惜しみなく使われていたのだとか。
[PR]
by mandala-04 | 2008-07-18 13:42 | ・シェル(貝)

最近はマリア

c0120789_18401843.jpg
c0120789_18411648.jpg

近頃、マリア様メダイに凝っています。
母性的な、女性的な、そういう部分に憧れます。
だから惹かれるのでしょうか・・・。
慈悲や許し、広い心、救いの手。今の時代に欲しい人材です。
今? 今も昔も変わりなく、求められるのがマリア様のような人なのでしょうね。

Immaculateは、「罪穢れない」という意味です。
そこから「無原罪のマリア」と呼ばれますが、罪穢れは誰にでもあるもの。
それを許す心がマリア的なのではないでしょうか。

◆奇跡のメダイ(不思議のメダイ)
1830年、パリの教会で修道女カタリーナ・ラブレの前に聖母マリアが現れて、メダイを作るよう、お告げをしたそうです。このメダイが人々に広まるにつれ、奇跡や不思議なことがたくさん起こりました。


奇跡のメダイとピーコックパールのネックレス (マリア様のカード付き)
【 Madonna 】 7,900円
http://www.jewelrychitta.com/
[PR]
by mandala-04 | 2008-07-16 18:58 | ネックレス
独自ドメイン取得により、URL変更しました。

JEWELRY CHITTA
http://www.jewelrychitta.com/
[PR]
by mandala-04 | 2008-07-16 18:57 | 石以外