石やアクササリーの写真を中心としたブログ


by mandala-04
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

インドっ子が混じっています。ど~れだ?
c0120789_19136100.jpg
c0120789_19131748.jpg

[PR]
by mandala-04 | 2008-11-28 19:13 | 石以外

螺旋の石、シヴァアイ

c0120789_21501485.jpg


Mandalaya Anantaya Nagarajaya Namaha
無限なる蛇王のアナンタよ、あなたをリスペクトします。

これは、インドのヨガの師から伝授されたマントラの一節。
日本語訳は私が勝手に訳、ですが・・・。
教えてもらった時は、サンスクリット(語)の音のみで意味なんて教えてくれない。
ただ、言わされる。
そらで言えるようになるまで、毎日音読する。
繰り返しで覚えこませる作戦だ。
九九みたいなもんやね。
そして、何ヶ月か何年か経ち、自分の経験値やレベルと共に意味を理解していく。
自分の身に浸透していくかのように。

「アナンタとは、蛇の神さま=龍神で、竜王族(ナーガラージャ)のひとりです。
千の頭を持ち、世界の終わりと始まりを見届ける無限(Om)の存在です。
アナンタの語源は、無限や永遠を意味しています。
インドの神話では、この世が始まる以前、宇宙が混沌の海だった時に、ヴィシュヌ神がアナンタを船の替わりにして、その上に寝ていたのだそうです。また、この世が終わる時、全ての生物が滅び去った時も、再び世界が創造されるまでの間、ヴィシュヌはアナンタの上で眠り続けるとされるのです。」

シヴァアイの螺旋も同じ、この世の永遠性、無限をあらわす。
螺旋の構造は、私達のDNAと同じ
螺旋は渦、男性性、女性性、陰陽二つの異なるエネルギーの終わりなき交差
螺旋は、渦巻き上昇していく宇宙のリズム、私達のプラーナ(気)と同じ

シヴァアイにPOPでカラフルな色使いのシェルと石を使って、アナンタをイメージしたブレスレットを作りました。
[PR]
by mandala-04 | 2008-11-23 22:13 | ・シェル(貝)

やっぱすっきゃねん♪

c0120789_1554618.jpg
c0120789_15542362.jpg

c0120789_14431125.jpg
ラリマー、いいですねえ。
[PR]
by mandala-04 | 2008-11-23 15:54 | ・ラリマー
c0120789_2201817.jpg

[PR]
by mandala-04 | 2008-11-18 22:00 | ・フルオライト

水晶

c0120789_20215040.jpg

[PR]
by mandala-04 | 2008-11-07 20:35 | ・クオーツ

TIGER

c0120789_15235899.jpg
c0120789_15241334.jpg
c0120789_15242895.jpg
c0120789_15244123.jpg

[PR]
by mandala-04 | 2008-11-06 15:25 | ・クオーツ

引力が・・・。

c0120789_19234685.jpg
このー木なんの木は、気になる木やけど、これは気になる、気になる石だ。
数年前に実際に手に取って見たのは、実家の近くの石屋さん。
本当は、モルダバイトの方が欲しかったのに、なぜか銀色の物体がこっちにアピっている。
“LOOK AT ME!”と言わんばかりに。
石屋のおっちゃんに「銀のやつも見ていいですか?」と聞いて、手に乗せてもらった。
そう、「銀のやつ」とは、この石、隕石、ギベオンである。
・・・ズシン。手に沈むような感じ。胸に熱くなるような感覚。う~ん、なんともいえない、まるで胸騒ぎのような・・・。これは一体何だ?

「他にもあるよー」と、店の奥から出てくるギベオン達。
大粒の丸玉のみで出来たブレスレットを奥のアタッシュケースから特別に出してもらう。
おっちゃん曰く、「これはな、数百万ぐらいするから、店頭には出してないねんけど。」と。
ケースの蓋が開いたら、ピカピカ~と後光が差しているような。
あ~、ピンクレディーの歌のイントロが流れるぅ~~、・・・ユッフォ♪
そんな感じ。

ある映像が頭に浮かんできた。アフリカでひとりの男性が銀の石版(石の塊?)のようなものを発見する。そのウワサを聞きつけた、違う国の人が代わる代わるやってきて、「それを売ってくれないか?」と言っている。そして、場面が変わって、発見者の男性の家族のことや、男性の心模様のような感情が自分のことのように沸いてきて、胸にグッときて、ところどころシンクロする感覚。
それは、まるで、時空を越えたトランスのような・・・。

店のおっちゃんに、これを説明すると、「そうでしょう、そうでしょう。」と。
「この石は引力が強いから、普通は鼻で笑われてしまうような、不思議なシンクロを度々引き起こすんやで。」と。おっちゃん自身に起こったギベオンにまつわる不思議話を話し始めるおっちゃんと少しトークが盛り上がる。
縁のある人を引き寄せる、人と人との巡り合わせ、物質的な引き寄せ、欲しい情報や思ったことがすぐにそこにあったりする、などなど。
「不思議やけど、実際に自分の身に起きたことやから、こうして話が出来てるんやけどねー」なんて、まるで、「そうなんだから仕方がない。」という丹波哲郎氏のような口ぶり(笑)。でも、わかる気がする。一回、ギベオンを持ったことがある人ならば、たぶん、きっと、わかってもらえるかもしれない。

ギベオンは隕石だから、掘って出てくるものではない。
アフリカのナミビアに落ちたものだから、今はナミビアにないって。
人から人の手に渡って、巡っていく。(それでどんどん値も上がるわけやけど)
希少だから、地球上でも、身につけることの出来る人は限られているのだ。

先日は、業者さん買い付け時にチラリと見かけて、また同じくLOOK AT ME!と言わんばかり、でもスルーしちゃったんだよ。しかし、二回目にまた行って、さらにLOOK AT ME!!と訴えかけてこんばかり。何度も見ても見ても気になるということで、ついにCHITTAの仲間入りを果たしたギベオンでした。

そういえば本日、新大阪駅のエスカレーターに乗っていて、ふと後ろを振り返ったら、学生時代の担任が真後ろにいて「おおっ!!」とびっくり再会を果たした。なぜ、こんなとこで会う?ってな。最近ホントよく懐かしい人に偶然出会います。

信じられない事ばかりあるの、もしかしたら、もしかしたら、そうなのかしら~。
そうね、たぶん、ギベオン効果かしらね・・・。
ってことにしとこうかな・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ちょっと大きめギベオンの太陽 35,000円 → 32,000円
http://www.jewelrychitta.com/product/767
[PR]
by mandala-04 | 2008-11-02 20:08

グラウンディング

c0120789_104159.jpg

[PR]
by mandala-04 | 2008-11-02 10:41 | ブレスレット

パドミニ

c0120789_224109.jpg

[PR]
by mandala-04 | 2008-11-01 22:41 | ブレスレット

南極星

c0120789_22391340.jpg
c0120789_22393088.jpg

[PR]
by mandala-04 | 2008-11-01 22:40 | ブレスレット