石やアクササリーの写真を中心としたブログ


by mandala-04
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

c0120789_1503731.jpg
c0120789_1505344.jpg

[PR]
by mandala-04 | 2009-07-30 15:00 | ・アンバー(琥珀)

ありのままで

水晶は、加工しているものももちろんいいが、ありのままの結晶の姿が美しいと思う。その結晶は、幾何学的であり、宇宙的な構造でもあり、地球上の氷のつららみたいにも見える。
c0120789_15145125.jpg
そんなありのままの水晶をネックレスとペントップにしてみた。
c0120789_15154734.jpg
レインボー入りのクリアな柱
c0120789_1516315.jpg
ドゥルジーとドルフィンな柱
[PR]
by mandala-04 | 2009-07-21 15:14 | ・クオーツ

一本!

一本!いうても、柔道ではなく。一本の連になったパールでごわす。
う~ん、かわええなあ~~♪
c0120789_16295585.jpg
パールってのは、どんな色のでもシルバーに似合う。玉のつややかさがクールな輝きに似合うからかな。
c0120789_16294514.jpg
小さいときは、パールを見たら、非常に美味しそうに見えたため、とっさに口の中に入れてみたりした記憶がある。甘くもなんともないのは知っているのだが・・・。
c0120789_16301225.jpg
宝石箱からこぼれるパールっていう構想。なんか、よくないですか?あ、自分だけ?
[PR]
by mandala-04 | 2009-07-16 16:30 | ネックレス

狛犬のもと?

c0120789_20392484.jpg
仲良しカップル
色がモルダバイトのようで珍しい石
片方をストラップに、片方はネックレスにしてみました。

◆貔貅(ひきゅう)
狛犬のもとになったともいわれる伝説上の動物で、現在では「魔よけ」や「財運」の風水的象徴として用いられることが多いです。風水研究は貔貅(ひきゅう)にたどり着くともいわれています。凶方位の五黄の凶相を防ぐと信じられています。
裏側には古銭が彫られています。

「貔貅は金を食べ、お尻の穴がないので、蓄財のお守りとの伝説から、貔貅をかたどった縁起物を建物の外側に向けておけば財気を吸収してくれると信じられており、たとえば、かつて皇帝の居城であった紫禁城の北方には、皇城の南門である天安門と対になる地安門と呼ばれる門が存在していたが、ここには皇帝家の財神として貔貅が祭られていた。」Wikipediaより

風水では、対のものが多いですが、こちらも二つでひとつになっています。
貔貅(ひきゅう)には、性別があり、貔(ひ)がオスで貅(きゅう)がメスとされています。
それぞれに役割があるともいわれ、オスがもたらす財運や幸運をメスが護るのだそうです。対で可愛がってあげれば可愛がるほどに喜んで持ち主のために働くといわれます。
[PR]
by mandala-04 | 2009-07-15 20:40 | ・ジェイド(翡翠)

幻影という名の

c0120789_2053329.jpg

[PR]
by mandala-04 | 2009-07-06 20:53 | ・クオーツ
c0120789_10501856.jpg
水晶ブリオレットカットAAAとグリーンターコイズAAで作ってみたペンダントトップ。

なぜ、ターコイズがこんなに好きなのかが自分でもわかりませんが、なんともいえない色と質感がたまりません。ライトブルーでもなく、ロイヤルブルーでもなく、ターコイズブルー。ターコイズの色の中にもまた色の段階があって、青みがかったもの、緑がかったものがある。インクルージョンの具合も石により違うので、それぞれの表情が違って個性的。

ターコイズのみを見ると、強さ、個性、存在感があるけれど、こうして、何にでもあわせることの出来るオールマイティな水晶(すごいかも)に合わしてみれば、雰囲気もマイルドに。水晶がブリオレットカットなので、すごく上品だしフェミニンになってます。

シルバーが両方の石にはベストマッチ♪
夏に涼しげな装い、といったところ。
[PR]
by mandala-04 | 2009-07-05 10:57 | ・ターコイズ
私の好きな石の上位に常にランキングされている「ロードナイト」。AA++4mmの石を一個ずつパールストリングの手法で繋いでいったチョーカーに、AAA10mmSラインのトップをあわせてみた。
c0120789_16331830.jpg
なんともいえないマットな濃いピンクが可愛い。最近は、糸で玉と玉の間にノットを作って玉止めしていくのに凝っている。
c0120789_16332898.jpg
ネイティブアメリカンのシャーマン達は、ターコイズと共になくてはならないヒーリングストーンとしてロードナイトを使っていたという話。
c0120789_1633378.jpg
チョーカーとしてもいいけれど、手首に巻いてブレスレットにしても、またテイストが違って可愛い♪

ロードナイトのランクの付け方は、黒いインクルージョン(マンガン)が多いか少ないかと石の濃さとツヤで決まる。
AAAまで行くと黒い部分がほとんどなく、まっピンクである。
AAだと黒いところは多少残っているが、、Aだと業者さんにもよるが、黒い部分が点在する。
業者さんによっては、ランク付けしてなくとも非常に美しいロードナイトもある。
もともとの鉱物としては、黒とピンクの合体で存在しているので、黒いのがあってのもの。
ターコイズのマトリックスと呼ばれる母岩由来の黒い部分と同じような感じである。
私は、黒とピンクの混じった、カーリー女神のようなロードナイトも味わい深くて好みだ。
いっぺんS(Aよりも上のランク)かSAを見かけたことがあるけれど、それはもう宝石の領域というか、透明感があり、輝きすらまばゆい。希少なのかあまり流通していないけど・・・。
オーストラリア産で赤く透明なのは「インペリアルレッドロードナイト」と呼ばれ、中国では「粉翠(ふんすい)」「京翠玉(きょうすいぎょく)」と呼ばれるんだそうな。

ピンクなんだけれども、グラウンディングによく、魔的なものを寄せ付けない強い石。
宇宙の永遠と普遍性に気づいて、霊性を高め、自己の向上を促す。
深い愛や思いやりをもって行動を起こすときにもお役立ち。
[PR]
by mandala-04 | 2009-07-02 17:02 | ・ロードナイト
c0120789_17354830.jpg
c0120789_1855955.jpg
c0120789_17364155.jpg

[PR]
by mandala-04 | 2009-07-01 17:36 | 石以外